コーデックス始めました

我が家の観葉植物

コーデックス始めました!

寒い冬が終わり春が来て5月初旬、だいぶ暖かくなってきて気温も20度超えるような日が続いております。まだまだ猛暑には至らないですが、車の中などはかなり暑くなってます。熱中症には気を付けよう!

最近目に付く魅力的な植物があります、その名もコーデックス(塊根植物)と呼ばれる植物です。

コーデックスとは

アフリカ大陸や中東に生息する多肉植物の総称で、茎から根元にかけて太くなっていて丸くどっしりした形が特徴です。その姿形がなんとも魅力的で30代~40代の男性の間で人気を呼んでいるようです。

種から育ててみる

私もそんな魅力的なコーデックスを育ててみたいと思いました。ただ、普通に買うと結構高価で手が出せないので種子を購入し、育ててみたいと思います。コーデックスに関しては初心者なので、種からの実生はなかなか難易度が高いと思うのですが挑戦してみたいと思います(・∀・)!

今回購入した種子ですが、パキポディウム・グラキリスと、亀甲竜の計2種類のコーデックスをチョイスしました。どちらもヤフオクで、パキポディウム・グラキリスが10粒1000円、亀甲竜が20粒700円でした。届いた種子がこちら

まずは種子の殺菌から

これから種を蒔いていこうと思うのですが、種をまく前にすることがあります。それは種子の殺菌です。コーデックスの種子はカビが発生しやすく、殺菌せずに蒔いちゃうと発芽する前にカビが発生し種子がダメになってしまいます。発芽に必要なのは高気温・高湿度なので、さらにカビやすいですよね(;’∀’)

そこで私が用意したのがベンレート水和剤とゆう殺菌剤です。この殺菌剤はカビの予防だけでなく、発生してしまったカビにも有効らしいので予防のみの殺菌剤よりイイじゃんと思い購入しました。こちらAmazonで587円で売っていました。ホームセンターなどにも売っているので手軽に購入できます。

0.5gの粉末が10袋入っていました。この0.5gの粉末を水で2000倍に希釈して、種子を殺菌していきます。

水1ℓに0.5gの粉末をいれかき混ぜて殺菌液の完成

それぞれの用意した2つの容器に種子を入れていきます(´・ω・)

これでしばらく時間を置きます。どれくらいつけておいたらいいかとゆうと、目安としては12時間~24時間とされています。種子の鮮度が良ければそれほどつけなくてもいいみたいなんですが、殺菌液に種子を浸けたのが21時頃だったので、翌日仕事から帰宅後に播種しようと考えました。種子の鮮度もよく分からなかったし、24時間以内に播種できればいいかなと。そんな感じで。笑

翌日仕事から帰宅後16時くらいでした。種子を殺菌してから19時間経過していました。これから播種していこうと思います。

播種をしてみよう

これから種蒔きをしていくのですが、使用する容器はプレステラ105とゆう黒のプラ鉢を用意しました。理由は丈夫で安く、黒のプラスチック鉢は多肉植物の育成に向いているとゆうことなので購入しました。こちらはホームセンターで10個1セットで160円くらいで売っています。安いですよね(^O^)

使用する土は、無難に初心者ながらにさし芽・種まきの土とゆう花ごころさんの種まき用土を用意しました。本来なら赤玉土やバーミキュライトをブレンドした土を使用した方がいいと思うのですが、ブレンドする対比などよく分からなかったのでもう少し知識がついてからやってみようと思います。

鉢に土を入れていきます。

ここでいれた土と鉢を一緒に熱湯殺菌していきます。カビ対策として、種子に関わるものすべてに殺菌しないといけないとゆうことですね。

熱湯殺菌は沸騰させたやかんのお湯を注いで終わりです。時間をおいて、土が冷めてからいよいよ播種です。

土が冷めたので種子を土の上にそっと置いていきます。やり方人それぞれで、種子の上に軽く土を覆う人や、種子を土に差し込む人などもいます。どれが正解なのでしょうか?わからないから私は置いてみましたパキポディウム・グラキリスの種子は10粒なので2鉢に5粒ずつ分けました。亀甲竜は20粒なので2鉢に10粒ずつ分けました。

腰水管理

播種が終わったらあとは腰水で管理していきます。

腰水とゆうのは受け皿や容器に水を張り、そこに鉢を浸し底面から給水させるやり方で、主に種蒔き後や実生時の水やり方法とされています。種まき後に普通にジョーロで上から水をあげちゃうと蒔いた種が流れちゃうからね(^^;)

腰水に使用する水にも、ベンレートの殺菌液を使います。これも、カビ対策の一つです。

受け皿に殺菌液を張ってあります。

殺菌液の張った受け皿に播種した4つの鉢を浸し上からラップをかぶせ屋内で様子を見ていきます。

置く場所は特にこだわってはいないのですが、高温多湿にする為にパネルヒーターを敷いて管理することにしました。

あとは発芽が出るのを待ちます(´・ω・)どれだけ発芽するのか楽しみです、1つも発芽しなかったら悲しすぎる(;´Д`)

変化があればアップしていきたいと思います。最後まで見ていただいてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました