うしまるの成長記録

我が家のペット

うしまるの成長記

                 

                            

2019年8月24日ヤフオクにてアフリカウシガエルのオタマジャクシを2匹購入

元気なオタマジャクシが届きました。早速水合わせをした後に、立ち上げていたプラ容器に移し様子を見ることに。プラ容器の環境は、ダイソーに売っている米びつ用のプラスチック容器にカルキ抜きをした飼育水を半分程度入れ、エアレーションをしています。※エアレーションはする人しない人分かれますが、私はすることにしました

    こんな感じ

餌を与えてみる

基本オタマジャクシは雑食性でなんでも食べるんですが、アフリカウシガエルのオタマジャクシは植物性で、茹でた小松菜やホウレンソウを好んで食べます。※くたくたになるくらい茹でたものじゃないとあまり食べてくれません

クタクタのトロトロになるくらい茹でたホウレンソウを与えてみました。食いつき良好!(^^♪

すごい勢いで食べてくれるので、汚れも半端ないです。( ゚Д゚)最低一日一回の水替えと新しいホウレンソウの交換は必要かと思われます。

2019年8月26日オタマジャクシに前足が生えました!

元々届いた当初から後ろ足は生えていたのですが、前足はまだ生えていませんでした。前足が生えてきたらもう上陸真近です。エラ呼吸から肺呼吸に変わり尻尾が体内に吸収されカエルへと変態していきます。

肺呼吸に変わり、今の水量だと溺れてしまう為水量を減らした別容器に移しました。

2019年8月28日オタマジャクシ上陸㊗

2匹のオタマジャクシうち1匹が、尻尾が吸収され、ついに上陸しました。もうすぐ初給餌です。

まだ尻尾が吸収されていない個体も上陸した個体と同じ環境で飼育しちゃっています。

2019年9月1日子ガエル達の初給餌

無事2匹とも上陸し、カエルとなりました(^^)ここで初めての給餌を行っていきます!カエルのベビーの給餌には、メダカが良いとされています。何故なら嗜好性の良さと成長期に必要なカルシウムが多く含まれているからです。

とゆうわけでメダカを与えてみました⇊

ベビー達初のメダカに苦戦中!頑張って食いついています(・∀・)

2019年10月14日上陸して1か月が経ちました

2匹いたベビーのうち1匹が残念ながら亡くなってしまいました😢死因はよくわかっていません。水替えは毎日していたし温度も25度~28度で適温に近かったと思います。2匹一緒の容器に入れて飼育していたのがいけなかったのか、餌の与えすぎだったのか。元気よく餌に食いついていたのに、悲しい限りです。

残された一匹は元気にすくすく成長中

体長約6㎝にまで成長しました。この時「うしまる」と命名

キビナゴを与えてみました         

捕食がまだ下手ですが頑張っています💦  

クサガメの甲羅に乗せてみました笑

クサガメが動いてもジーっと動かず乗っている姿がとても可愛いです😆

我が家で飼っているうしまるは現在1歳6か月で体長およそ15㎝程に成長しました(^^)

2021年4月現在のうしまるの様子

現在の飼育環境⇊           ・餌は1~2週間に1度、練り餌orキビナゴを与えています

                   ・水替え頻度は1週間に2回程度・うんちがあれば即水替え笑

                            

アクリルの飼育ケースにホームセンターに売っているウレタンフォームとゆうスポンジ素材を敷いて軽く水を張った状態で飼育しています。

振り返ってみて

アフリカウシガエルをオタマジャクシからカエルを育ててみて、飼育の面では水替え・温度を重要視していれば、問題なく飼育できると思います。餌は動くものならなんでも食いつく、拒食とは無縁のカエルだな思いました。肥満にならないように、食べすぎ注意とゆうことで(;´・ω・)

成長の過程においては1つ1つの成長が感動的でした。オタマジャクシの足が生えた時、尻尾がなくなり上陸した時、初の給餌など。その光景をこの目で見れたことがとても嬉しく思います。亡くなってしまった個体はとても残念でした。

まだ1歳6ヶ月ですがこれからも元気に長生きして欲しいです。うしまるの成長はこれからもアップしていこうと思っていますのでよろしくお願いします。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました